日本航空株式会社でバニラVisaギフトカードが採用されています。

日本航空は、

JAL専用バニラVisaギフトカードを発行、ウェブ・アクティベーション・システムを活用して、

顧客満足向上と業務改善を同時に実現いたしました。

日本航空が採用した背景とは?

日本航空では、天候不順や機材トラブル等お客様対応の際に「現金」を活用しておりましたが、更なる顧客満足向上を追求するにあたり、多様化するグローバル化、キャッシュレス化への対応が課題でした。また、Fintechを活用して、金券管理業務負荷を軽減することができないかという問題意識がありました。

海外旅客対応
Visaのプリペイドカードは、海外でも利用できるため、外国籍や海外在住のお客様対応にも使用できます。

顧客利便性
Visaのプリペイドカードは、インターネットで使用できるなど、キャッシュレス化に対応しています。

業務効率化
インコムのウェブ・アクティベーション・システムは、必要な時に必要な分を有効化。各種データをデジタルで管理。

導入効果

効果1:キャッシュフロー改善

今までは「いざ」という時に備え、金庫に大量の現金を保管し厳重に管理していました。

バニラVisaギフトカードは、使いたい時に使いたい分だけ有効化(仕入)できるので、在庫が不要となり、管理がいらないだけでなくキャッシュフローも改善しました。

効果2:作業時間の短縮

今まではお客様対応が発生すると、現金を準備し、数えて、封筒に入れてお客様にお渡ししていました。バニラVisaギフトカードは、予め封筒にカードが入っており、最大100枚迄1円単位でチャージできるので、作業工程が減少し、作業時間が大幅に短縮しました。

効果3:事後処理の軽減

今まではお客様対応後、使用した金額の確認、集計、本部への報告等、対応終了後も多くの作業がありました。バニラVisaギフトカードは、有効化の結果を電子的に管理している為、各種集計や報告等の作業が発生せず、事後処理が軽減しました。

法人でのご活用の詳細、ご相談・お見積りについて

バニラVisaギフトカードの導入をお考えの法人のご担当者様、法人用バニラVisaギフトカードについて詳細を知りたい、
というお客様は下記のボタンより、ご相談・ご確認いただけます。

※個人の方からの購入のお申込み・ご相談・お見積りは当サイトでは承っておりませんのでご了承ください。