catch-img

暑中見舞いの例文ガイド - 大切な人との絆を深めるハートフルなコミュニケーション

暑中見舞いは、暑い夏を乗り切るための励ましと、相手への感謝や思いやりを伝える大切な季節の挨拶です。家族や友人、恋人などのプライベートだけでなく、ビジネスシーンにおいても、様々な相手に送ることができます。本記事では、それぞれの相手に合わせた暑中見舞いの例文や、礼儀正しく心のこもった文章の書き方をご紹介します。暑中見舞いを通じて、大切な人との絆をさらに深めましょう。

目次[非表示]

  1. 1.暑中見舞いの基本マナーと書き方
  2. 2.暑中見舞いを手書きで書くときのポイント
  3. 3.プライベートで使える暑中見舞いの例文
  4. 4.プライベートで使える暑中見舞いへの返信の例文
  5. 5.プライベートでの暑中見舞いは、大切な人との絆を深める
  6. 6.ビジネスシーンで使える暑中見舞いの例文
  7. 7.お客様や取引先からの暑中見舞いへの返信の例文
  8. 8.ビジネスシーンにおける暑中見舞いは、人脈を広げ信頼関係を強化する
  9. 9.暑中見舞いにギフトを添える
    1. 9.1.暑中見舞いにギフトを添えるメリット
    2. 9.2.プライベートで暑中見舞いギフトを贈る際の例文と書き方のポイント
  10. 10.ビジネスシーンで暑中見舞いギフトを贈る際の例文と書き方のポイント
  11. 11.メールやSNSで暑中見舞いを送るときの注意点
  12. 12.人と人とのつながりを大切にする、暑中見舞いを送りましょう
  13. 13.暑中見舞いの例文についてのFAQ

暑中見舞いの基本マナーと書き方

暑中見舞いの意味と目的

暑中見舞いは、暑い夏を健康に乗り切ってほしいという思いを込めて送る、夏の季節の挨拶状です。家族や友人との絆を深めたり、ビジネスパートナーとの関係を維持・強化したりするための大切なコミュニケーションツールと言えます。

暑中見舞いの送り時期

暑中見舞いは、一般的に7月下旬から8月中旬にかけて送るのが適切とされています。あまり早すぎたり遅すぎたりすると、時期外れの印象を与えかねません。

お中元との違いにも注意が必要です。お中元は、夏の贈り物として7月上旬から中旬に贈るのが一般的で、感謝の気持ちを込めて贈ります。一方、暑中見舞いは、暑さへの見舞いの意を込めた挨拶状です。

暑中見舞いの基本的な構成要素

暑中見舞いの書式は、プライベートの場合であっても、基本的には一般的なビジネス文書の書式に準じます。

まず、「拝啓」から始め、季節の挨拶を述べます。例えば、「盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」といった書き出しが一般的です。ただし、プライベートの場合には、「拝啓」「敬具」といった、あらたまった「頭語」「結語」は省略されることが多いです。

次に、日頃の感謝の気持ちを述べます。例えば、「平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。」といった文言を使います。 そして、相手の健康を気遣う言葉を添えます。「くれぐれもご自愛ください」「ご健勝でお過ごしください」など、シンプルかつ丁寧な言葉遣いが好ましいでしょう。 最後に、「敬具」で締めくくります。 また、暑中見舞いの構成要素としては、以下の点を押さえておきましょう。

  • 宛名(相手の氏名)
  • 挨拶文(時候の挨拶、相手への感謝や思いやりの言葉)
  • 結びの言葉(健康を気遣う言葉)
  • 差出人(自分の氏名)
  • 日付

これらの要素を過不足なく盛り込むことで、丁寧な暑中見舞いが書けます。

暑中見舞いを手書きで書くときのポイント

手書きの暑中見舞いが与える印象

近年ではパソコンなどを使って文章を書くことが多くなっていますが、暑中見舞いを手書きで書くことは、相手に誠意や心のこもりを感じさせる効果があります。 特に、ビジネスシーンにおいては、手書きの暑中見舞いは、相手に好印象を与え、信頼関係の構築に役立ちます。一方、プライベートな関係では、手書きの暑中見舞いは、相手への愛情や思いやりを表す手段となります。日頃の感謝の気持ちを、自分の手で書くことで、より深く伝えることができるでしょう。

美しい字で書くコツと練習方法

暑中見舞いに適した、美しい筆跡の書体と習得方法 暑中見舞いを手書きする際は、美しい字で書くことを心がけましょう。 基本的には、楷書体か行書体が適しています。楷書体は、一画一画はっきりと書くことで、読みやすく美しい字形になります。行書体は、楷書体より少し崩した書き方になりますが、流麗な印象を与えます。 これらの書体を習得するには、まずは手本を見ながら、丁寧に写経することから始めましょう。 次に、独力で書く練習を繰り返し、徐々に自分の字形を確立していきます。 また、ペン字教室に通うのも効果的です。専門家から直接指導を受けることで、美しい字形が身につきやすくなるでしょう。

手書きの際の便箋選びとペン選び

暑中見舞いを手書きする際は、季節感のある便箋を選ぶことで、涼しげな印象を与えることができます。 和紙の場合は、淡い青色や緑色の便箋がおすすめです。これらの色は、水や木々を連想させ、暑い夏に涼を感じさせてくれます。 洋紙の場合は、ホワイトやクリーム色の便箋に、薄い水色や黄緑色の罫線が入ったデザインがおすすめです。清涼感のある色使いで、夏らしい雰囲気を演出できます。

手書きの暑中見舞いを引き立てるには、便箋と封筒の組み合わせも重要です。 便箋と同系色の封筒を選ぶことで、全体の統一感が出ます。 また、夏らしいデザインの切手やスタンプを選ぶのも効果的です。 例えば、朝顔や向日葵など、夏の花をあしらった切手を使うと、季節感がアップします。 スタンプも、星空や風鈴など、夏を感じさせるデザインのものを選ぶと良いでしょう。 このように、便箋やペン、封筒、切手など、細部にまでこだわることで、手書きの暑中見舞いをより魅力的なものにすることができます。 

プライベートで使える暑中見舞いの例文

プライベートでの暑中見舞いでは、相手との関係性や相手の世代に合わせた書き方(子供向け、高齢者向けなど)を心がけましょう。子供向けの場合は、「〇〇ちゃんへ」といった呼びかけにし、平易な言葉で健康を気遣う内容にします。スタンプやイラストを添えるのも良いでしょう。高齢者向けの場合は、「〇〇様」と改まった呼びかけにし、健康面への気遣いを丁寧に述べます。また、大きめの文字で書くことで、読みやすさにも配慮しましょう。
また、遠距離の家族や友人に送る、暑中見舞いの工夫と気遣い 遠く離れた家族や友人へ送る暑中見舞いは、日頃の様子を知るチャンスととらえ、近況報告を兼ねた内容にすると良いでしょう

例えば、「こちらは毎日暑い日が続いていますが、〇〇さんの地域はいかがでしょうか。先日、テレビで〇〇の特集をやっていて、あなたのことを思い出しました。」といった書き出しで、相手の住む地域への興味や関心を示すことができます。「久しぶりに帰省した際は、ぜひゆっくりお話ししたいですね。その際は、美味しい〇〇を食べに行きましょう!」と、次に会う約束をするのも良い方法です。

<家族へ送る暑中見舞いの例文>

〇〇へ

暑中お見舞い申し上げます。
毎日暑い日が続いていますが、体調は大丈夫ですか?こまめな水分補給と、栄養バランスの取れた食事を心がけてくださいね。私も、夏バテしないように気を付けます。
夏休みには、ぜひ一緒に〇〇へ遊びに行きましょう。楽しみにしています!
くれぐれも体に気を付けて。

○月○日 〇〇より

<友人・知人へ送る暑中見舞いの例文>

〇〇さんへ

盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。
先日は、楽しい時間をありがとうございました。あの時の笑顔が、私の元気の源になっています。この暑さに負けず、お互い元気に乗り切りましょうね。
また近いうちに、美味しいものを食べに行きましょう!
暑さ厳しき折、どうぞご自愛ください。

○月○日 〇〇より

<恋人やパートナーへ送る暑中見舞いの例文>

〇〇へ

君が隣にいない今日も、暑さだけは相変わらずだよ。
何をしていても、君のことを考えてしまう。早く会いたいな。
体調に気を付けて、元気でいてね。愛しています。

○月○日 〇〇より

プライベートで使える暑中見舞いへの返信の例文

暑中見舞いへの返信は、相手からの思いに感謝の気持ちを伝えつつ、相手の健康を気遣うのがポイントです。目上の人への返信の場合は、より丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

<家族や友人からの暑中見舞いへの返信の例文>

〇〇様

暑中お見舞いのお便り、ありがとうございました。
こちらこそ、いつも〇〇様に元気をいただいております。
まだまだ暑い日が続きますが、お互い体調管理に気を付けましょうね。
先日お話しした〇〇の件、楽しみにしております。
引き続き、よろしくお願いいたします。

○月○日 〇〇より

目上の人からの暑中見舞いへの返信の例文>

〇〇様

暑中お見舞いのお便り、誠にありがとうございます。
私も元気に過ごしております。
〇〇様におかれましては、お体を大切になさってください。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

○月○日 〇〇より

プライベートでの暑中見舞いは、大切な人との絆を深める

暑中見舞いは、日頃の感謝の気持ちを伝え、相手を思いやる心を示す絶好の機会です。

  • 一言添えるメッセージは、相手の趣味や嗜好を思い出しながら、パーソナライズしましょう。
  • 共通の思い出を振り返り、今後の予定について言及するのも効果的です。
  • 暑中見舞いを通じて、相手との関係性を振り返り、より深いコミュニケーションを心がけましょう。

例えば、「先日、一緒に観た映画の続編が公開されるそうですね。今度は、ぜひ一緒に観に行きたいです。」といった具合に、共通の体験を思い出しつつ、次の約束につなげるのも良いでしょう。
また、「いつも美味しい料理を作ってくれてありがとう。暑い夏を乗り切るエネルギー源は、あなたの愛情たっぷりの手料理です!」など、日頃の感謝をストレートに伝えるのも効果的。相手の喜ぶ顔を想像しながら、心のこもった言葉を贈りましょう。

ビジネスシーンで使える暑中見舞いの例文

<取引先へ送る暑中見舞いの例文>

取引先へ送る暑中見舞いは、日頃の感謝を伝えつつ、今後も良好な関係を維持していきたい旨を示すことが重要です。

拝啓
〇〇様

盛夏の候、貴社ますますのご発展のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、本年も暑さ厳しい毎日が続いておりますが、貴社社員の皆様におかれましては、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。弊社も、社員一同、気を引き締めて業務に励む所存でございます。
今後とも変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

敬具
○月○日
〇〇株式会社
〇〇部 〇〇

さらに、業界や会社の文化に合わせた、適切な暑中見舞いの言葉選びと表現方法をとることがおすすめです。

例えば、IT業界であれば、「厳しい暑さが続きますが、貴社の益々のご発展と、皆様のご健康をお祈りしております。引き続き、デジタル化のご支援をさせていただきたく存じます。」といった文言を添えると良いでしょう。一方、流通業界の場合は、「今夏も物流網の安定稼働に全力で取り組む所存です。引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」といった、業界特有の課題にも触れるのも効果的です。

また、暑中見舞いを送ることは相手との関係性をより深めるチャンスでもあります。
例えば、「先日のプロジェクトでは、大変お世話になりました。おかげさまで、無事に納品を完了することができました。改めて御礼申し上げます。」と、具体的な出来事に触れることで、相手との信頼関係をアピールすることができます。また、「弊社の新サービスのご案内を同封いたしました。ぜひご覧いただければ幸いです。」と、自社の新しい取り組みを紹介するのも一つの方法です。相手に興味を持ってもらうことで、次のビジネスチャンスにつなげることができるでしょう。

ビジネスシーンでの暑中見舞いは、単なる季節の挨拶ではなく、相手との関係性を維持・強化するための重要なコミュニケーションツールです。日頃の感謝の気持ちを丁寧に伝えつつ、相手のビジネスに役立つ情報を提供することで、信頼関係をさらに深めることができるでしょう。

例えば、「貴社の新製品に、弊社の技術を活用いただけるのではないかと考えております。詳細につきましては、別途ご提案させていただきたく存じます。」といった具合に、相手のビジネスに寄り添った提案をするのも効果的です。

また、「業界の動向につきまして、先日興味深い記事を拝読いたしました。ぜひ、〇〇様とご一緒に意見交換をさせていただきたく存じます。」など、相手との共通の関心事について言及し、次の機会につなげるのも良い方法です。

ビジネスの場でも、暑中見舞いを通じて相手とのつながりを深め、互いの成長につなげていくことが大切です。形式的な挨拶だけでなく、相手の立場に立って考え、真摯に向き合う姿勢を示しましょう。

お客様や取引先からの暑中見舞いへの返信の例文

お客様や取引先からの暑中見舞いは、日頃の関係性を振り返る良い機会です。感謝の気持ちを伝えつつ、先方のお問い合わせ等にもしっかりと対応していく旨を示すことが大切です。また、暑中見舞いを通じて、さらなる関係性の強化を図ることもできるでしょう。例えば、「今後とも、お客様のお役に立てるよう、サービス品質の向上に努めてまいります。引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」といった一文を添えることで、お客様満足度の向上に尽力する姿勢を示せます。

拝啓
〇〇様

時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
また、暑中お見舞いのお便りをいただき、ありがとうございました。
当社社員一同、暑さに負けず、元気に業務に励んでおります。
先日お問い合わせいただきました件、鋭意検討しておりますので、改めてご連絡させていただきます。
今後とも、よろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。

敬具
○月○日
〇〇株式会社
〇〇部 〇〇

ビジネスシーンにおける暑中見舞いは、人脈を広げ信頼関係を強化する

暑中見舞いは、ビジネスにおける人脈作りと信頼関係の構築に、非常に有効なツールです。

  • 暑中見舞いを送る相手は、単なる取引先ではなく、将来のビジネスチャンスにつながる人脈として考えましょう。
  • 自社の近況報告と、相手への期待をメッセージに盛り込むことで、信頼関係を深められます。
  • 相手の活動に関心を示したり、共通の課題について言及したりすることで、ラポール形成(フランス語で「架け橋」という意味です。 自分と他者との間に橋を架けるように信頼関係を築き、良好な人間関係を保つことを指して用いられます。)につなげましょう。

暑中見舞いにギフトを添える

暑中見舞いにギフトを添えるメリット

暑中見舞いにギフトを添えることで、以下のようなメリットがあります。

  1. 感謝の気持ちを具体的に表現できる 言葉だけでなく、ギフトという形で感謝の気持ちを表すことができます。 相手に「自分のことを大切に思ってくれている」と感じてもらえるでしょう。
  2. 相手の暑い夏を少しでも快適にできる 暑中見舞いのギフトは、相手の暑い夏を少しでも快適に過ごしてもらうためのものです。 実用的なギフトを選べば、相手の生活の質を高めることができます。
  3. 絆をさらに深めるきっかけになる ギフトを贈ることで、相手との絆をさらに深めるきっかけになります。 ギフトを通じて、「この人は私のことをよく理解してくれている」と感じてもらえれば、 関係性がより強固なものになるでしょう。

ただし、暑中見舞いのギフトは、お中元のように高価なものを贈る必要はありません。むしろ、相手の暑い夏を快適に過ごすための、ちょっとした気遣いの品を選ぶのがおすすめです。

バニラVisaギフトカードや Visa eギフト バニラ(デジタルギフトカード)の利便性

バニラVisaギフトカードやVisa eギフト バニラ は、暑中見舞いのギフトとして最適です。 送り主が贈りたい金額を自由に設定でき、受け取った相手が好きな商品を選べる自由度の高さが魅力です。

バニラVisaギフトカードは公式オンラインストアから注文すれば直接お相手にお届けすることもできます。またオリジナルのメッセージカードを添えて送ることもできます。

メッセージカードやのしを付けて配送できるバニラVisaギフトカードの購入はこちら

Visa eギフト バニラはメールやSNSを通じてすぐにギフトを届けられるので、時間がない時でも、感謝の気持ちを伝えることができます。また、デジタルギフトは、受け取った相手も、すぐに利用できるので便利です。

バニラVisaギフトカード やVisa eギフト バニラは、オンラインショップでの買い物にも特に重宝してもらえます。欲しかったものを自分で選んで購入できるので、相手も満足度の高いギフトになるでしょう。

暑中見舞いと一緒に、Visaのギフトを活用して、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。遠方に住むご両親などへのプレゼントにも最適ですね。「Visa eギフトがwebで購入、贈ることができるようになりました」では、Visa eギフト バニラの購入方法や送り方を解説しています。ぜひチェックしてみてください。

バニラVisaギフトカードの購入はこちら

プライベートで暑中見舞いギフトを贈る際の例文と書き方のポイント

プライベートで、バニラVisaギフトカードやVisa eギフト バニラを暑中見舞いのギフトとして贈る際の例文をご紹介します。

<親しい友人へ送る場合>

〇〇へ

暑中お見舞い申し上げます。
毎日暑い日が続きますが、体調は大丈夫ですか?
先日、〇〇で話したことが印象に残っています。あなたのあの言葉に、とても勇気づけられました。
少しでも暑い夏を快適に過ごしてもらえたらと思い、バニラVisaギフトカードを送ります。好きなものを買って、少しでもリフレッシュしてくださいね。
暑さに負けずに、元気でこの夏を乗り切りましょう!

○月○日 〇〇より

<家族へ送る場合>

〇〇へ

毎日暑いですね。体調は大丈夫ですか?僕は元気にしています。
この前、〇〇が欲しいって言っていたよね。バニラVisaギフトカードを送るから、これを使って買ってみてくださいね。
少しでも、暑い夏が楽しくなりますように。帰省した時に、使い心地を教えてね。
暑さに負けないで!元気でいてください。

○月○日 〇〇より

以下のようなポイントを押さえましょう。

  1. 暑中見舞いの言葉を添える 「暑中お見舞い申し上げます」など、季節のご挨拶を忘れずに。
  2. ギフトカード贈呈の目的を伝える 「少しでも暑い夏を快適に過ごしてもらえたらと思い、バニラVisaギフトカードを送ります」など、 ギフトカードを贈る目的を明確に伝えましょう。
  3. 相手の近況や思い出に触れる 「先日、〇〇で話したことが印象に残っています」など、 相手の近況や、共通の思い出に触れることで、より親密な印象を与えられます。
  4. ギフトカードの使い方を提案する 「好きなものを買って、少しでもリフレッシュしてくださいね」など、 ギフトカードの具体的な使い方を提案すると、相手も使いやすくなります。
  5. 暑い夏を乗り切る応援メッセージを添える 「暑さに負けずに、元気でこの夏を乗り切りましょう!」など、 暑い夏を乗り切る応援メッセージを添えることで、相手の士気を高められます。

以上のポイントを押さえつつ、相手との関係性に合わせて、心のこもった文章を書きましょう。きっと、相手の心に響く暑中見舞いになるはずです。

ビジネスシーンで暑中見舞いギフトを贈る際の例文と書き方のポイント

プライベートだけでなく、ビジネスシーンにおいても、バニラVisaギフトカードやバニラVisa eギフトは、暑中見舞いのギフトとして最適です。
ビジネスシーンでバニラVisaギフトカードを暑中見舞いとして贈る際は、以下のような文を添えると良いでしょう。

拝啓
〇〇様

盛夏の候、貴社ますますのご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、本年の夏も厳しい暑さが続いておりますが、くれぐれもご自愛いただきますよう、お願い申し上げます。つきましては、ほんの心ばかりではございますが、夏の暑さをしのいでいただければと思い、○○を贈らせていただきます。
今後とも変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

敬具
○月○日
〇〇株式会社
〇〇部 〇〇

基本的にはプライベートの場合と同様ですが、ビジネスシーンにおいては、以下の点に注意しましょう。

  • 贈る相手との関係性を踏まえる。
  • あくまで時候の挨拶としてのギフトであることを踏まえる。(特別な理由がない限り、一般的なビジネス商習慣を踏まえた金額としましょう。)
  • ギフトが相手の役に立つことを願う気持ちを表現する。
  • ギフトの選定には、相手の立場や状況を考慮する。

メールやSNSで暑中見舞いを送るときの注意点

プライベート、ビジネスシーンに関わらず、近年ではメールやSNSで暑中見舞いを送ることも少なくありません。メールやSNSの特性に注意して送りましょう。

メールを使った暑中見舞いの注意点

暑中見舞いをメールで送るときは、件名に「暑中お見舞い申し上げます」と明記し、本文は手紙と同様に、時候の挨拶から始めます。 メールならではの気軽さを意識しつつも、基本的なマナーは守りましょう。

SNSを使った暑中見舞いの注意点

SNSで暑中見舞いを送る際は、プライバシーへの配慮が大切です。特に、恋人やパートナーへの暑中見舞いは、不特定多数の目に触れないよう、DM(ダイレクトメッセージ)を活用しましょう。また、家族や友人への暑中見舞いも、公開範囲を限定するなど、相手のプライバシーに配慮することが大切です。

人と人とのつながりを大切にする、暑中見舞いを送りましょう

暑中見舞いは、単なる季節の挨拶ではありません。家族や友人、恋人、そしてビジネスパートナーなど、様々な人とのつながりを再確認し、絆を深めるための大切なコミュニケーションツールなのです。

一言に心を込めて、相手のことを想いながら書く。そうすることで、きっと相手の心に響く暑中見舞いになるはずです。

ぜひ、この機会に大切な人へ暑中見舞いを送ってみませんか。思いがけないお返事が届くかもしれません。そして、その一通一通が、お互いの絆をさらに深めるきっかけになるはずです。

暑中見舞いを通じて、人と人とのつながりを大切にする。そんな素敵な夏をお過ごしください。

暑中見舞いの例文についてのFAQ

Q1. 英語で暑中見舞いを書くときの例文は?

"Wishing you a cool and refreshing summer. Take care and stay healthy." といったシンプルな例文が参考になります。

Q2. 暑中見舞いを送る際の他の注意点は?

宛名の書き方、誤字脱字など、基本的なマナーは守りましょう。 また、暑中見舞いらしい季節感のあるデザインを選ぶことも大切です。

Q3. 暑中見舞いに添える一言メッセージの例は?

「暑さに負けず、元気にお過ごしください」「健康第一で、素敵な夏をお過ごしください」など、 相手の健康を気遣う言葉を添えるのがおすすめです。

 お中元にも

 バニラVisaギフトカード

バニラVisaギフトカードのご購入について

法人・個人を問わず簡単にご注文いただけます。

※法人のお客様で、300万円以上のご購入をご希望の方は下記からお問合せください。



【法人のお客様専用】
ご相談・お問い合わせはこちらから

こんな方はお問合せください。

  • 300万円以上の購入を検討している

  • サービスの詳細を確認したい

  • 利用方法について確認したい

※イメージ
お電話でも承ります。お気軽にご相談ください。
受付時間/9:00~18:00(土日祝休)
下記フォームにご記入ください。(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
「プライバシーポリシー」及び以下の明示事項をご確認いただき、 同意いただける場合は「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして確認画面へお進みください。

「明示事項」
利用目的:
 1. メールによる商品のご案内・ご提案
 2. 案内資料・請求書等の送付
 3. 商品・サービスの正確な提供
第三者提供:無し  
委託:業務の一部を委託する場合があります

\最短で翌日にお届けいたします/


人気記事ランキング