日本航空株式会社様

お詫びの品として採用

商品種別
用途
業種:航空会社
課題:お詫び用ギフトクーポンのグローバル化とキャッシュレス化
導入の背景 搭乗客にクーポン提供が必要な事象発生時の対応について、グローバル化やキャッシュレス化を推進し、かつ金券管理業務負荷は軽減できる方法はないか模索
導入の決め手 海外の旅客にも知名度のあるVisaのカードである事、ギフトカードをデジタル管理できる一括有効化システムがあった事
導入後の効果 キャッシュフローの改善と作業時間・事後処理の軽減。カードを進呈した際の海外旅客を含む顧客満足度が向上

導入の背景

天候不順による遅延や機材トラブルが発生するなど、搭乗者にお詫びが必要になった場合、「ミールクーポン」や「現金」をお渡ししていました。このトラブル時の旅客補償について顧客満足度向上を追求するにあたり、グローバル化、キャッシュレス化への対応が課題でした。この際、金券管理にかかる現場の作業負荷も同時に軽減するFintech技術がないか、模索していました。

導入の決め手

Visaのカードなので、海外旅客にも使い勝手が良く喜ばれ、インターネットでも使えるため、補償がキャッシュレスとなる事がまず第一の決め手でした。さらにウェブ・アクティベーション・システム(WAS)という、カードを有効化するシステムで、金券をデジタル管理できるという機能も、課題解決に向かう大きな決め手でした。

導入後の効果

海外旅客だけでなく、国内旅客も使える先が多い/ネットでも使えるVisaのカードは好評で、旅客補償のキャッシュレス化による顧客満足度向上が実現できました。
またWAS導入により、旅客補償に関する「仕入れ」と「使用(お渡し)」が全てデジタル管理できるようになったため、「現金」をお渡していたころの現場での膨大な作業、具体的には、現金を準備し、数えて、旅客人数分封緘する作業、対応後の本部報告のための各種集計、記録作業などが一切不要になりました。

バニラVisaギフトカードは1円単位で金額指定できるため、補償内容に合わせた金額をその時その時で指定ができます。WASでは、最大100枚のカードを同一金額で一括チャージ(有効化)できます。また予め封筒にカードが入っているため封緘作業も不要です。有効化記録はシステム内に電子的に残っていますので、本部と現場の連携が対応と同時に出来ていることになります。

またバニラVisaギフトカードは、有効化するまで無価値なカードなので、「仕入れ」が発生しません。すなわちこれまで「ミールクーポン」や「現金」を金庫に大量保管し厳重管理していたのですが、これが不要となり、キャッシュフローも改善しました。

活用事例まとめ資料をこちらからダウンロードいただけます。

関連事例

製造メーカー様

製造メーカー様にて、取引先・取次店への贈答品として、バニラVisaギフトカードをご採用頂きました。

官公庁(市区町村) 職員親睦会様

官公庁(市区町村) 職員親睦会様にて、積み立てた会費還元の品としてバニラVisaギフトカードをご採用頂きました。

特別民間法人 協会団体様

特別民間法人 協会団体様にて、協会で実施する忘年会の代替としてバニラVisaギフトカードをご採用頂きました。

キャンペーン・インセンティブの満足度で お悩みの方は、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間/9:00~18:00(土日祝休)
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
「ギフトのお悩み」を解決するお役立ち情報を今すぐダウンロードする