Visaが使える世界中の店舗、インターネットショップの中でも、下記お支払いにご利用いただけません。
For English instruction, click 
here

月額・継続契約の利用料金のお支払い

毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。

公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。

ガソリンスタンドでのお支払い
高速道路通行料金(有人ブース)でのお支払い
航空会社の機内販売でのお支払い
一部ホテルでのお支払い
各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い

nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ/POINT WALLET VISA PREPAID/Pollet Visa Prepaid/キーゴ/ウェブマネー など

カード決済に3Dセキュア(VISA認証サービス)が必要な加盟店でのお支払い

航空券購入/一部オンラインゲームサイトなど

購入店舗またはインターネットショップのVisa加盟店管理会社がEU地域である場合のお支払い

ヨーロッパ(EU加盟国)においてマネーロンダリング防止指令5が2020年1月10日(金)より導入されます。
本制度の下でVisaギフトカードのご利用は、対面でのお支払いでは150ユーロ、インターネットショップでのお支払いでは、50ユーロを超えない範囲でのみ受け入れられることとなります。また、本制度施行後にVisaギフトカードをEU内の店舗、インターネットショップでご利用いただく際に、ご利用いただけない可能性がございます。
また、インターネットショップの場合、国内のショップの場合でもVisa加盟店管理会社がEU加盟国内にある場合、上記の利用制限がかかる可能性がございます。

その他

ご利用先の利用環境や、弊社の定めによりご利用いただけない場合があります。

Vanilla Visa is not accepted at the following Visa merchants:

Please note, online shopping using Vanilla Visa card will require SMS verification on Japanese domestic mobile phones. This is for security reason.

Merchants that provide services with Monthly or recurring payments:

The Vanilla Visa Gift card will not be accepted by any Visa merchants that use recurring payments.

Examples:
Utility bills / subscription fees for telephones, cellphones, satellite broadcasting, CATV, WiMAX, Internet providers, newspapers or magazines (including electronic edition), any rental services or online study services, insurance fees, monthly membership fees and
*There are other goods or subscription fees which may not accept Vanilla Visa.

Purchase of e-money or recharging e-money accounts:

ICCA / nanaco / Rakuten Edy / V-preca / POINT WALLET VISA PREPAID / Pollet Visa Prepaid / Kiigo / WebMoney

Highway fees:
Payments that require 3D Secure:

Airline tickets or some online game sites and others

Gas station:
In- flight sales:
Some hotels or accommodation facilities:
Payments at physical shops or online stores provided Visa payment solution by an acquirer located inside the EU:

The 5th Anti-Money Laundering Directive comes into force throughout the EU (European Union) on 10th January 2020.
Under this Directive, the use of Visa gift cards will only be accepted for face-to-face payments of € 150 and for internet shop payments not exceeding € 50. In addition, there is a possibility that Visa gift cards cannot be used at stores and Internet shops inside the EU after the enforcement of this Directive.
In addition the same condition may apply to online shops located in Japan, if the Visa merchants are provided Visa payment solution by an acquirer located inside the EU, the above usage restrictions may be applied.

Others:

Some merchants have special online payment environments, such as:Skype, Tokyo Business Association of University Cooperatives and others.

For a list of specific shop names, click here (In Japanese only)