catch-img

内祝いの意味から贈る際のマナーまで!心のこもった贈り物の選び方

内祝いとは、結婚式や出産、葬儀など人生の節目に受けたお祝いや贈り物に対して、感謝の気持ちを込めて贈る品物のことです。内祝いは、贈り主との絆を深め、お世話になった方々への感謝を表すための大切な習慣です。古くから続く日本の伝統的な文化である内祝いは、時代とともに形を変えながらも、今なお多くの人に愛されています。

本記事では、内祝いの意味や由来、贈るタイミングやマナーなど、内祝いにまつわる様々な知識を詳しく解説します。また、相手に喜ばれる内祝い品の選び方や、最新のトレンドなども紹介。内祝いを通じて感謝の気持ちを伝えるための、心のこもった贈り物の選び方をお伝えします。

目次[非表示]

  1. 1.内祝いとは?意味や由来を理解しよう
  2. 2.内祝いを贈るタイミングと選び方
    1. 2.1.内祝いの贈り方
    2. 2.2.内祝いのマナーと注意点
  3. 3.内祝い選びのコツとアイデア
  4. 4.現代社会における内祝いの意義
  5. 5.内祝いで伝えたい感謝の気持ち
  6. 6.内祝いについてのFAQ:

内祝いとは?意味や由来を理解しよう

内祝いの意味と目的

内祝いは、祝いの品や祝儀に対する感謝の気持ちを表すために贈る品物です。結婚式や出産、葬儀など、人生の大きな節目に受けた祝福に対して、お礼の意を込めて贈ります。内祝いを贈ることで、贈り主との絆を深め、感謝の気持ちを伝えることができるのです。

内祝いの由来と歴史

内祝いの習慣は、古くから日本に根付いています。奈良時代には、すでに内祝いの記録が残されているほど。平安時代には、祝いの品に対するお返しとして、贈り主に品物を贈る習慣が広まりました。江戸時代には、結婚式や出産の際に内祝いを贈ることが一般的になり、現代に近い内祝いの形式が確立されました。

時代とともに、内祝いの形式や贈る品物は変化してきましたが、感謝の気持ちを伝えるという内祝いの本質は変わりません。現代では、多様なシーンで内祝いが贈られ、贈る品物も幅広くなっています。

内祝いを贈るタイミングと選び方

内祝いを贈るべきシーン

内祝いを贈るべき主なシーンは、以下の通りです。

・結婚式後(結婚内祝い)

新郎新婦の両親が、結婚式に招待したゲストに内祝いを贈るシーンは、よくあります。結婚式に参列し、祝福してくれたゲストへの感謝の気持ちを込めて、内祝い品を贈るのです。一般的には、結婚式から1ヶ月以内に内祝いを贈るのが望ましいとされています。

・出産後(出産内祝い)

新米ママが、出産祝いをくれた友人や親戚に内祝いを贈るのは、出産後の大切なマナーの一つです。赤ちゃんの誕生を祝福し、母子の健康を願ってくれた方々への感謝の気持ちを伝えるために、心を込めて内祝い品を選びます。出産後1ヶ月から3ヶ月以内に贈るのが一般的です。

・葬儀後(香典返し)

葬儀後に、喪主が参列者に内祝いを贈るのは、香典返しと呼ばれています。故人を偲び、葬儀に参列してくれた方々に感謝の意を表すために、内祝い品を贈ります。香典返しは、葬儀後1ヶ月から2ヶ月以内に贈るのが一般的とされています。

・その他の内祝いシーン

子供の入学祝いや就職祝いなど、人生の節目に贈られた祝い品に対して内祝いを贈ることがあります。祝福してくれた方々への感謝の気持ちを伝えるために、内祝い品を贈るのです。祝いの品をもらってから1ヶ月以内に内祝いを贈るのが望ましいでしょう。

内祝いの品物の選び方

内祝いの品物を選ぶ際は、以下の点に気を付けましょう。

・品物の質と実用性を重視する

長く使えるタオルセットや、普段使いできるお皿やカトラリーなど、質が高く実用性の高い品物は内祝いに最適です。相手に長く使ってもらえる品物を選ぶことで、感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

・定番の内祝い品を選ぶ

今治タオルや銀座の老舗の和菓子、有名ブランドのコーヒーギフトセットなど、定番の内祝い品は多くの人に喜ばれます。品質が高く、幅広い年代の方に受け入れられやすい品物を選ぶのも一つの方法です。

・オリジナリティのある内祝い品を選ぶ

写真入りのオリジナルグッズや、相手の出身地の特産品など、オリジナリティのある内祝い品を選ぶのもおすすめです。相手のことを考えて選んだ特別な贈り物は、感謝の気持ちが伝わりやすいでしょう。バニラVISAギフトカードなら、相手が自分の好みに合わせて品物を選べるので、喜ばれること間違いなしです。幅広い店舗で利用できるので、実用性も抜群。また、デジタルギフトなら、すぐに贈ることができて便利です。

定番の内祝い品は、多くの人に喜ばれる品物が揃っています。一方で、オリジナリティのある内祝い品は、相手のことを考えて選んだ特別な贈り物になるでしょう。バニラVisaギフトカードなら、相手が自分の好みでお買い物ができるので、喜ばれること間違いなしです。
内祝い品選びに迷ったら、「人気の内祝いは?幸せな気持ちを伝える贈り物の選び方を解説」をチェックしてみてください。定番から最新トレンドまで、内祝い品選びのヒントが満載です。

バニラVisaギフトカードの購入はこちら

内祝いの贈り方とマナー

内祝いの贈り方

内祝いの贈り方には、以下のような方法があります。

・直接手渡しする場合

近くに住む友人や親戚に内祝いを贈る場合は、直接手渡しするのがおすすめです。感謝の気持ちを直接伝えられるので、より心のこもった贈り物になるでしょう。事前に連絡を取り、訪問の日時を調整しましょう。

・郵送する場合

遠方に住む知人に内祝いを贈る場合は、郵送するのが一般的です。品物を丁寧に梱包し、送り状に「内祝」と明記します。メッセージカードを同封するのを忘れずに。郵送の場合は、到着までに数日かかることを考慮して、余裕を持って発送しましょう。

・配送サービスを利用する場合

オンラインショップで内祝い品を購入し、配送してもらう方法もあります。多くのオンラインショップでは、内祝い用のギフトラッピングやメッセージカードの同封サービスを提供しています。配送先や配送日時を指定できるので、便利に内祝いを贈ることができます。

状況に合わせて、適切な贈り方を選びましょう。直接手渡しできる場合は、感謝の気持ちを直接伝えられるので、より心のこもった贈り物になります。

内祝いのマナーと注意点

内祝いを贈る際は、以下のマナーと注意点を押さえておきましょう。

・贈る時期と期限

基本的には、結婚式や出産から1年以内に贈るのが望ましいとされています。できるだけ早めに贈ることが大切です。ただし、相手の状況に合わせて、タイミングを調整するのも大切。無理のない範囲で、できるだけ早めに贈りましょう。

・のし紙の選び方と書き方

基本的には、結婚式や出産から1年以内に贈るのが望ましいとされています。できるだけ早めに贈ることが大切です。ただし、相手の状況に合わせて、タイミングを調整するのも大切。無理のない範囲で、できるだけ早めに贈りましょう。

・金額の目安

内祝いの金額の目安は、祝儀の3分の1から半額程度とされています。基本的には、結婚式や出産から1年以内に贈るのが望ましいとされています。できるだけ早めに贈ることが大切です。ただし、相手の状況に合わせて、タイミングを調整するのも大切。無理のない範囲で、できるだけ早めに贈りましょう。

・メッセージカードの書き方

メッセージカードには、贈る相手への感謝の気持ちを込めて、心のこもった一言を添えましょう。例えば、結婚内祝いなら「この度は、私たちの結婚式に心温まるお祝いをいただき、誠にありがとうございました。お礼の気持ちを込めて、内祝いの品をお送りします。今後ともよろしくお願いいたします。」と書くのがおすすめです。出産内祝いなら「先日は、赤ちゃんの誕生に心のこもったお祝いをいただき、心より感謝しております。母子ともに健康に過ごしております。内祝いの品を送らせていただきますので、ご笑納ください。」など、シーンに合わせた文例を参考にしてください。

内祝いのマナーを押さえることで、相手に失礼のないよう、円滑に贈り物をすることができます。

内祝い選びのコツとアイデア

相手の年代や性別に合わせた選び方

内祝い品は、贈る相手の年代や性別に合わせて選ぶと喜ばれます。

・子供向けの内祝い品

子供向けの内祝い品を選ぶ際は、安全性と実用性を重視しましょう。例えば、有名ブランドのベビー服や、人気の絵本、知育玩具などがおすすめです。子供の成長に合わせて長く使えるアイテムを選ぶと喜ばれるでしょう。

・高齢者向けの内祝い品

高齢者向けの内祝い品は、健康グッズや美容アイテム、グルメ食品など、日常生活を豊かにするアイテムがおすすめです。例えば、足つぼマッサージ機や、高級スキンケアセット、老舗の和菓子などが喜ばれます。相手の健康状態や好みに合わせて、心のこもった品物を選びましょう。

贈る相手のライフスタイルや好みを考えて、喜ばれる品物を選びましょう。

季節や行事に合わせた内祝い品

季節や行事に合わせた内祝い品を選ぶのもおすすめです。

●お中元やお歳暮としての内祝い

夏のお中元や冬のお歳暮の時期に内祝いを贈る場合は、季節感のあるアイテムを選ぶと良いでしょう。例えば、夏は涼感のあるアイスクリームセットや、冷たいお麺など。冬は、お歳暮ギフトセットやあったかグルメなどがおすすめです。季節の挨拶を兼ねた内祝い品なら、より感謝の気持ちが伝わるはずです。

●クリスマスや母の日などの記念日に合わせた内祝い

クリスマスや母の日など、特別な記念日に合わせて内祝い品を選ぶのも素敵です。例えば、クリスマスシーズンに贈るなら、オリジナルデザインのクリスマスケーキや、クリスマス限定のギフトセットなど。母の日に贈るなら、お母さんが喜ぶような美容グッズや、お花のギフトセットなどがおすすめです。記念日に合わせた内祝い品なら、より思い出に残る贈り物になるでしょう。

季節感のある内祝い品は、贈る相手の日常に彩りを添えてくれます。

人気の内祝い品

「人気の内祝いは?幸せな気持ちを伝える贈り物の選び方を解説」では、送る相手別の内祝い品などを紹介しています。内祝い選びの参考になること間違いなしです。ぜひチェックしてみてください。

バニラVisaギフトカードならではの利点

相手の好みがわからない場合や、実用性の高い品物を贈りたい場合には、世界中のVisaのお店で利用できるバニラVisaギフトカードやVisa eギフト バニラがおすすめです。

バニラVisaギフトカードは、内祝い品として次のような利点があります。

  • 相手が自由に好みの品を選べる
  • 利用範囲が広く、実用性が高い
  • メッセージカードやのしを付けて贈ることが可能

メッセージカード付バニラVisaギフトカードの購入はこちら

デジタルギフトの即時性と利便性

Visa eギフト バニラは、インターネット上で購入・送付できるデジタルギフトです。すぐに贈りたい場合でも、即時にLINEやメールなどで送ることができるので大変便利。新米パパとママは、必要なものをすぐに購入できるので、とても喜ばれるでしょう。
Visa eギフトの送り方については、「Visa eギフトがwebで購入、贈ることができるようになりました」をご覧ください。



現代社会における内祝いの意義

内祝いを通じた社会貢献

最近は、内祝いを通じて社会貢献できる品物も増えています。

●寄付つき内祝い品の選択

災害復興支援や環境保護に役立つ寄付つき内祝い品を選ぶのも良いでしょう。例えば、東日本大震災の復興支援につながる内祝い品や、植林活動を応援するような内祝い品など。内祝いを通じて社会的な課題解決に貢献できるのは、とてもやりがいのあることです。

●エシカル消費につながる内祝い品の選択

夏のお中元や冬のお歳暮の時期に内祝いを贈る場合は、季節感のあるアイテムを選ぶと良いでしょう。例えば、夏は涼感のあるアイスクリームセットや、冷たいお麺など。冬は、お歳暮ギフトセットやあったかグルメなどがおすすめです。季節の挨拶を兼ねた内祝い品なら、より感謝の気持ちが伝わるはずです。

内祝い品を通じて、社会的な課題解決に貢献できるのは素晴らしいことですね。

内祝いが育む「おすそわけ文化」の大切さ

内祝いは、「おすそわけ文化」を育む大切な習慣でもあります。お祝いの品を分け与え、感謝の気持ちを伝え合うことで、人と人とのつながりが深まります。特別な日の思い出を、内祝いを通じて分かち合う。そんな心温まるコミュニケーションが、現代社会に求められているのかもしれません。

内祝いで伝えたい感謝の気持ち

内祝いは、贈る側も贈られる側も、心が温まる素敵な習慣です。結婚式の際に内祝いを贈ったことがきっかけで、遠方に住む親戚とのつながりが深まった経験がある人もいらっしゃいます。内祝いを通じて、普段は伝えられない感謝の気持ちを形にできるのは、とても素敵なことです。内祝い品は、形式的なものではなく、心を込めて贈ることが大切で、相手のことを思い、感謝の気持ちを込めて選んだ品物は、きっと相手の心に響くはずです。
また、内祝いは、日本古来の美しい習慣であり、現代でも大切にしていきたい文化です。「おすそわけ文化」を育み、人と人とのつながりを深める内祝いの役割は、これからますます重要になってくるでしょう。一人一人が、感謝の気持ちを込めて内祝いを贈ることで、よりよい社会づくりに貢献できるはずです。皆さんも、内祝いを通じて、感謝の気持ちを分かち合ってみませんか。

内祝いについてのFAQ:

Q. 内祝いと引き出物の違いは何ですか?

内祝いは式後に贈る品物、引き出物は式当日に渡す品物です。

Q. 内祝いの品物はいつまでに贈るべきですか?

遅くとも式や行事から1年以内に贈りましょう。

Q. 内祝いの相場はいくらくらいですか?

祝儀の3分の1から半額程度が一般的です。

Q. 内祝いをお返しすることは必要ですか?

お返しは不要です。

Q. 相手の好みがわからない場合は?

実用的な定番アイテムを選びましょう。

Q. 海外の人への内祝いの注意点は?

送料や関税、現地の文化は事前に確認しておきましょう。

Q. メッセージカードの文例を教えてください。

「心温まるお祝いをありがとうございました。感謝を込めて、お礼の品をお送りします。」など。


 お中元にも

 バニラVisaギフトカード

バニラVisaギフトカードのご購入について

法人・個人を問わず簡単にご注文いただけます。

※法人のお客様で、300万円以上のご購入をご希望の方は下記からお問合せください。



【法人のお客様専用】
ご相談・お問い合わせはこちらから

こんな方はお問合せください。

  • 300万円以上の購入を検討している

  • サービスの詳細を確認したい

  • 利用方法について確認したい

※イメージ
お電話でも承ります。お気軽にご相談ください。
受付時間/9:00~18:00(土日祝休)
下記フォームにご記入ください。(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
「プライバシーポリシー」及び以下の明示事項(一部抜粋)をご確認いただき、 同意いただける場合は「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして確認画面へお進みください。

「明示事項(一部抜粋)」
利用目的:
 1. メールによる商品のご案内・ご提案
 2. 案内資料・請求書等の送付
 3. 商品・サービスの正確な提供
第三者提供:無し  
委託:業務の一部を委託する場合があります

\最短で翌日にお届けいたします/


人気記事ランキング